slide-1
slide-2
slide-3
slide-1
slide-2
slide-3

従来の耐力壁と比べ、優れた耐久性そしてコンパクトサイズな狭小壁を利用すればスペースに限りのある狭小住宅でも、
これまでにない開放的な空間を作り出すことができます。

フロッキン狭小壁って何?

まずはこちらの動画をご覧ください まずはこちらの動画をご覧ください

資料請求はこちら

フロッキン狭小壁のメリットは?

見逃せない!2つのポイント 見逃せない!2つのポイント

01

壁倍率はなんと倍相当!※1階用セットになります
構造計算を行うことで広い開口部が可能に

フロッキン狭小壁は、柱長さが2200㎜から3000㎜①中柱型・②隅柱型・③隅柱型直交梁勝ち又は通し柱の三種類の納まり、柱材寸が105㎜から150㎜に対応しております。
ドリフトピン・ハンマーのみの簡単施工

02

柱芯350mm、全幅455mmという
驚きのコンパクトサイズ

フロッキン狭小壁は、フロッキン金物構法用の金物を使った柱芯350㎜巾の鉛直構面(耐力壁)です。狭小地での巾の狭い建物やビルトインガレージのある建物、大開口を設けたい建物において設計の幅を広げることが可能です。
ドリフトピン・ハンマーのみの簡単施工

資料請求はこちら

セット内容

1階用セット

  • 1 フロッキン狭小壁用面材 12mm 2枚
  • 2 フロッキン専用ビス 7×65(面材用) 60本
  • 3 FHD-50(柱脚金物) 2個
  • 4 丸座金 t12.0×86φ(柱脚金物用) 2枚
  • 5 丸座金 t6.0×50φ(柱脚金物用) 2枚
  • 6 ドリフトピンFPN(柱脚金物用) 10本
  • 7 FP-25(柱頭金物) 2個
  • 6 ドリフトピンFPN(柱頭柱脚金物用) 14本
  • 8 四角ビット#3 1本
  • ※別売の専用アンカーボルトを耐力に合わせてご使用ください。
1階用セット 1階用セット

2・3階用セット(連層用)

  • 1 フロッキン狭小壁用面材 12mm 2枚
  • 2 フロッキン専用ビス 7×65(面材用) 44本
  • 3 FP-55(柱脚金物) 4個
  • 4 座金 t19.0×40×105(柱脚金物用) 8個
  • 5 座金固定用ビス 5×45(柱脚金物用) 8本
  • 6 ドリフトピンFPN(柱脚金物用) 20本
  • 7 四角ビット#3 1本
2・3階用セット 2・3階用セット

用途・特徴

  • 1.通常の面材張り耐力壁と同様に専用ビスだけで、施工ができます。
  • 2.通常の耐力壁(柱芯600mm以上)に比べ全幅を455mm(柱芯350mm)とすることで、ビルドインガレージ等大開口を可能にしました。
  • 3.専用(柱脚・柱頭)金物を使用することで、靭性のある面材張り耐力壁を実現しました。

施工実績 施工実績

施工事例

施工カテゴリ

医療・福祉施設

所在地

岐阜県羽島市

竣工

2021年6月

施工事例

施工カテゴリ

商業施設

所在地

東京都中央区銀座

竣工

2020年5月

施工事例

施工カテゴリ

狭小住宅

所在地

埼玉県吉川市

竣工

2020年5月

施工事例

施工カテゴリ

狭小住宅

所在地

大阪府高槻市

竣工

2019年1月

お客様の声

設計事務所A社
設計事務所A社

設計時どうしても開口部の問題で壁量が足りない時にフロッキン狭小壁を図面に織り込む事で意匠図面に沿った構造設計をする事が出来ました。
構造設計業務を行っていると壁量が足らず意匠図面を大きく変更してしまうケースが多いですが、狭小壁を使用する事で変更を最小限に留める事ができました。

設計事務所B社
設計事務所B社

大臣認定商品ではない商品にもにも拘わらず、納まりによって試験を行っているので確認申請もスムーズに行えています。構造計算自体も難しい計算をする必要がなく、一般的な構造計算ソフトで入力する事ができました。
現場でもビス打ちとドリフトピンの打ち込みのみで施工ができるので、細かな指示をしなくても問題なく使用する事ができました。

設計事務所C社
設計事務所C社

在来軸組工法の中に併用して使用する事ができるので、一般的な耐力壁と同じようなイメージで図面に織り込めました。耐震補強工事でも耐力要素として使用できそうです。
2×4工法で使用できないのは残念ですが、将来的に使用できるようになれば、是非ともフロッキン狭小壁を用いて、新たな建物のプランを検討したいです。

設計事務所D店
設計事務所D店

従来のラーメンフレームと比べて、複雑な構造計算をする必要がなく、また施工が簡単なためコストの削減を行うことができました。
また、現場での施工時にアンカーの埋め込み位置が多少ずれていたため、施工できるか不安でしたが柱脚金物のアンカー取り付け穴が大きく問題なく施工する事が出来ました。

フロッキン狭小壁のよくある質問

Q&A Q&A

なぜ長さの短い壁で耐力がとれるのでしょうか。

柱の頭と足元に専用の粘り強い金物を使いビスの配置を工夫することで、粘り強く高い耐力の壁ができました。
一般的な筋かいや合板よりも粘り強く、地震でも中々壊れない壁になっています。


簡単に設計ができるのでしょうか。

一般的な構造計算(許容応力度計算)をすることで利用できます。ただし、色々な条件で耐力検証しているためルールがあります。
ルールについては、設計マニュアルをご用意していますので下記フォームよりその旨お伝えください。


在来工法の中に採用することは可能でしょうか。

可能です。ただし、フロッキン金物は変形が進んで行っても強度を持ち続け、中々倒れない建物を目指した金物ですので建物全体にフロッキン金物を使って頂ければ、更に建物の耐震性能が向上すると考えています。


狭小壁の施工は難しくないでしょうか。

一般的なプレカット工場で加工された柱に、ビス穴加工された面材をセットし、ビス止めするだけの簡単施工です。
一般的な合板と同じ感覚で施工ができます。
※詳しくは施工マニュアルを必ず御確認下さい。
※加工可能なプレカット工場は随時拡大しています。


使う柱材・梁材に指定はありますか?

柱材はスプルース同一等級構成集製材E95-F315(JAS)以上
梁材はべいまつKD材機械等級区分製材E110(JAS)以上を使ってください。

まずはお気軽に資料請求

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせ

フロッキン狭小壁に興味があるがよくわからない、
さらに詳しい情報がほしいなど、お気軽にご相談ください。

必須は、必須項目です。入力漏れがないか確認の上、ご送信ください。

お問い合わせを受け付けました

以下のメールアドレスに受付完了メールをお送りいたしました。

携帯電話(スマートフォン)のメールアドレスをご入力の場合、「ドメイン指定受信」や「迷惑メール対策機能」等により自動配信メール(受付完了メール)を受信できない場合がございます。

このページはお客様の個人情報を安全に送受信するために、SSL(暗号化通信)を利用しております。